6ヶ月以上の慢性疲労、凝りの解消には『30年の技術と実績の谷川流足圧』

何をしても疲れ、凝りがとれない方へ少しでもお役に立てればという想いで、日々ブログを綴ります。

頭を足圧するメリット

良く頭も足圧できますよ😊とお客様にお伝えすると驚かれますが、頭も足圧ができます😌

 

 

頭をほぐすメリットは計り知れず、さらに足圧ならではの大きな利点があります

 

 

先に結論から書いておくと、頭を足圧する大きな利点は、

 

頭の筋肉をほぐす事はもちろん、頭蓋骨の関節までもを緩める事ができる

 

という点です。

 

頭の筋肉をほぐすだけならば、自分や他人の指や手でほぐす事ができますが、頭(頭蓋骨)の関節を緩めるとなると話は変わってきます。

 

頭は良く1つの大きな骨でできている?と思われている方も少なくありませんが、15種類22枚の骨の繋がりでできている、頭も関節なのです。

頭、頭蓋骨、足圧 

 写真では細かくは分からないと思いますが、この22枚からなる頭蓋骨の関節を緩めるにはそれなりの『圧力』が必要となってきます。指だけの力では弱く、鋭い痛みを感じやすくなります。

 

そこで、『大きな面積で、しっかりとした圧をかける』のに適しているのが足になるわけです🦶

手以上に施術者の体力を必要とせず、広い面積を使えるので、とても効率良く頭の関節を緩め、筋肉をほぐす事ができます。

 

 

 

頭に関わる筋肉は大きい面積のものが意外にも多く、多くの人がそもそも『頭も凝る』という概念を持ち合わせていません。頭もしっかりと凝るんです。

 

 

頭に関与する筋肉のうち代表的な筋肉の一つに『側頭筋』という筋肉があります。

側頭筋、足圧

 側頭筋が凝り、硬く縮んでしまうと、顔が横に引っ張られて横幅が広くなり、顔が大きく見えてしまいます。

長年放置しておくと次第に、エラの張った怖い顔つきにもなり、肩こり、首こり、頭痛の原因にも繋がります。

さらに、目の周りの血流が悪くなり、疲れ目や、かすみ目の原因にもなってしまいます。

 

デメリットだらけですよね😨💦

 

 

 

さらに、頭や顔の形は変わらないと思われていますが、実際には生きている人の骨は、通常非常に弾力性があり特に頭蓋骨のような薄い骨は、表面につながる多くの筋肉の引っ張り、あるいは表面にある膜の異常などで、簡単に歪んでしまいます😮

 

そういった歪みが起きると、例えば顔の形の非対称や顎関節症その他様々な多くの症状の原因となってしまいます💦

 

 

『頭を踏まれる』と聞くと、初めは抵抗があるかも知れませんが、とてもメリットが大きく、意外にもとても気持ち良いんですよ😊

 

肩こり、首こり、頭痛などがどうしても取れず悩まれていらっしゃる方は一度ぜひ体験してみてくださいね😊

 

 

souhisai.com